MENU

カジュアルニットとはどの様な着方をするのか

 

カジュアルニットとはどの様な着方をするのかニットは冬に活躍する暖かいアイテムです。
このニットの印象は社会人が寒い時にスーツの下に着るという印象があります。
つまりシンプルなデザインのものが非常に多く、カジュアルテイストを好む人からは一線を引かれています。
そんなニットでもカジュアルに着られるデザインのものがあります。
それは柄ニットです。
ボーダーが入っていたり動物の絵がワンポイントで描かれていたりと、着る人の個性を引き出すと共にカジュアルすぎないデザインにより多くの人から支持を得ています。
このカジュアルニットの着方は出来るだけニットを際立たせる事です。
際立たせるにはボトムをシンプルなものにする事が大切ですが、ここでチノパンやスラックスを選択してしまうときれいめコーディネートになってしまいます。
それを避ける為には必ずデニムを選択する事になります。デニムの多くはダメージ加工が施されており、カジュアルニットのデザインが際立たなくなります。
そんな時に活躍するボトムがワンウォッシュのデニムです。
これは濃紺であるので、きれいめまでいかないカジュアルアイテムとなります。
これを選択する事によってきれいめすぎずに、あくまでカジュアルなコーディネートになり、カジュアルニットが映えます。